ちょくちょくアンダーアーマーFANSブログを覗きに来て頂いていた皆様、ご無沙汰しております。

ホトダでございます。

むしろご無沙汰というよりは、既にフェードアウト、もしくは退職されたと思われた方が多いのではないでしょうか。

約1年と2ヶ月ぶりにアンダーアーマーFANSブログ、帰ってまいりました。

色々と理由はありますが言い訳になり、大学の卒業論文くらいの分量になってしまいますので割愛いたします。

梅雨。雨。じっとり。

こんな季節の今日このごろ。アンダーアーマー界隈では2015年の春夏モデルのセールがスタートし秋冬シーズンへの移行が始まっております。

そこで今回は先日アンダーアーマー公式オンラインショップで販売が開始された新シリーズ「EXO」についてご紹介いたします。

その前に2点注意事項といいますかお詫びを。

まず1点目。まだ当店では販売の準備ができておらず、またメーカーの在庫も極少数なため販売開始が未定となっております。

2点目。読み方がわかりません。こちらでは勝手にイグゾッ!と読んでおりますがこちらは確認してコメント欄にて続報を上げたいと思います。

さて、アンダーアーマー公式オンラインショップでは、この「EXO」シリーズで6品番販売開始されました。

その中で今回は、

UA HEATGEAR ARMOUR EXO LSクルー [MCM1295]

UA HIIT EXOジャガードメッシュSS [MTR1336]

についてご紹介いたします。

まずUA HEATGEAR ARMOUR EXO LSクルー [MCM1295]

商品説明にはこのように記載がございます。

・伸長性に優れた生地を使用。高い吸汗速乾性を誇り、あらゆる動作において動きやすい。
・ベンチレーションにより、体温コントロールを可能にする。
・通気性を高めるために切替部にメッシュ素材を使用。
・より快適性と通気性を高めるため、身生地にピンホールメッシュを採用。
・使用素材:ポリエステル92%/ポリウレタン8%

ココで特筆すべきは・より快適性と通気性を高めるため、身生地にピンホールメッシュを採用。の部分でしょう。

実際に実物で写真をとってみました。

DSC_0007

これだけ見るとなんだかわからないですが、こちらはいかがでしょう。

DSC_0008

DSC_0013

DSC_0012

DSC_0009

分かりやすいように下に白い紙を入れて撮影していますが伸ばすと細かい穴が開いているのがわかります。

まさに「ピンホールメッシュ」

現在、まだ着用はしておりませんのでこれがどれだけ効果をもたらすのかは分かりかねますが、メーカーの謳い文句は、

「通気性を高めたEXOシリーズ」

となっておりますので期待しましょう。

でも、この謳い文句をご覧になってアンダーアーマーファンの方は間違いなくこう思うと思います。

「アーマーベント先輩の立ち位置は・・・・」

そうです。アンダーアーマーで通気性と言ったらアーマーベント。

ここでざっくりと私が感じた両者の違いについて記しておきます。
(あくまで私個人の感想なので、その程度に捉えておいてくださいね)

アーマーベントの売りはあの特徴的なメッシュ部分。

ただし、その部分に伸縮性がなく、着心地といった面では少し評価が別れる部分ではありました。

その点、「EXO」は通常のコンプレッションのような伸縮性を感じさせてくれます。

反面、やはりピンホールメッシュですから、アーマーベントのような通気性を感じることが出来るかは微妙なところかもしれません。

あと気になったことといえばUA HEATGEAR ARMOUR EXO LSクルー [MCM1295]では肌に当たる裏地部分が若干「ざらつく」ような感じがあります。

通常のコンプレッションの滑らかな感じとは一線を画す感があります。

なんといいますか両者に長所短所があって差し引くとプラスマイナスゼロ!みたいな結論に至ってしまいました。

ベントが好きならベントをお選び頂き、「ちょっと抵抗があった・・・」という方には是非「EXO」を試していただきたいというのが本音です。

続きまして、UA HIIT EXOジャガードメッシュSS [MTR1336]

こちらはTシャツの部類に入るでしょうか。

まず前面。

DSC_0001

裏面は全メッシュ!

DSC_0002

表面も実はこんなにメッシュ感がありますという画像。

DSC_0005

不思議なことにこちらではあまりざらつき感を感じませんでした。

恐らく素材の違いなんでしょうね。

新シリーズの「EXO」ざっくりと感想を述べさせていただきましたが如何でしたでしょうか。

メーカーの在庫も多くはありませんので気になる方は、お早めのご検討を強くお勧めいたします。

アンダーアーマーが投入する新技術。

良かれ悪かれ、毎回とても革新的では有ります。

是非一度ご体感下さい!

次回アンダーアーマーFANSブログもお楽しみに!

3ヶ月以内に更新するのが目標です・・・・

 

cv

 

ブログランキング参加してます!

ポチッと押していただけると、やる気が出ていい記事が書けます!

ブログランキング・にほんブログ村へ  


GWの連休中、皆様如何お過ごしでしょうか。

明日で赤い日も一旦の終焉を迎えますので、今日は帰省ですという方も多いのではないでしょうか。

連休が終わったら来週は母の日ですよ。

いつもいつもお世話になっているあの方にこっそりプレゼントしてみてはイカガデスカ?

そんな今回は、2014年春夏からの新シリーズ、

「LEGACY」をご紹介。

LEGACYシリーズの全商品一覧はこちらから。

LEGACYシリーズの特徴はとにかくその風合いの良さ。

柔らかく肌当たりの良さが特徴でヴィンテージ加工をしたようなシックな見た目も特徴の一つです。

そして軽く、薄い。

チャージドコットンを使用していますので従来の吸汗速乾性を維持しながら、肌当たりの良さと軽さ・薄さの両立にも成功。

今回のBLOGでは今期大注目のLEGACYシリーズから女性にピッタリなパーカーをご紹介。

その商品とは・・・・

UAチャージドコットンHG FZ LEGACY フーディー〔WTR6922〕

UAチャージドコットンHG FZ LEGACY フーディー

身ごろと袖の部分のカラーリングが特徴のこちらの商品は春から夏にかけてや夏から秋にかけてにピッタリな薄手パーカー。

夏になっても夜肌寒い日があるので、こういった商品を1枚持っていると女性のかたは安心ですよね。

カラーは3タイプで、淡いピンクと濃い目のグレー、淡いイエローとなっています。

全てのカラーを身長165cm、細身の当店スタッフに着てもらいましたのでカラー詳細は後ほどご覧下さいね。

商品の特徴でもある素材感としては薄く、軽いというのが特徴。

表面はヴィンテージ加工で少し古着のような印象を受けます。

DSC_1041

更に特筆すべき部分としてはかなり細かい部分にまで凝ったデザインであるということ。

ジップのツマミ部分にはUAのマークが施され、

DSC_1045

フードの紐部分の先端にもUAマークと女性物ならではの細かいデザインの配慮が感じられます。

DSC_1046

おなかのポケット左側にもUAマーク。

DSC_1049

デザイン性も着心地もバッチシなこちらの商品。

キレイな3色をどうぞご覧あれ。

まずは【CHS】淡いピンクですね。

DSC_1005

DSC_1012

DSC_1013_new

お次は【CHC】ちょっと濃い目のグレーになります。

DSC_1031

DSC_1033

DSC_1036_new

最後に【XRY】淡いイエローです。

DSC_1022_new

DSC_1025

DSC_1027

3色の中からお好みのカラーは見つかりましたでしょうか。

DSC_1038

プレゼントの場合、どのカラーが相手に似合うのかを考えるのも楽しいですよね。

皆様の思いが伝わりますように。

もし母の日にプレゼントをするのであれば、現在スポーツCVでは母の日カードを特別にお付けした母の日ラッピング仕様でお届けさせていただくことも可能です。

すごく大きなものですとラッピングを承ることが出来ませんが、アパレルなら概ね可!!

勿論無料で当店スタッフが心をこめてラッピングをさせていただきます。

どうぞこの機会にお世話になっているあの方にプレゼントをしてみては如何でしょうか。

DSC_1019

最近では特に女性の方からのご注文を多く頂いております。

以前はスポーツをしているガチガチな男性のメーカーと言った印象でしたが、最近では女性やお子様にもだいぶ浸透してきたようですね。

確かに価格はファストファッションと比べると安くはないです。

しかし一度着ていただければお値段相応もしくはそれ以上の価値が見いだせると確信しております。

まだ試されていらっしゃらない方、ぜひ一度安価なTシャツなどからお試しになってみてください。

その魅力がわかるはずです。

今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

私もこんな時くらい母に感謝の気持を伝えようかと思います。

それではまた次回まで。

ごきげんよう。

 

cv

 

 

ブログランキング参加してます!

ポチッと押していただけると、やる気が出ていい記事が書けます!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 


最近は春の暖かさだったと思えば、次の日は厚手のパーカーが必要なほど肌寒かったりと天気が安定しませんね。

新年度になり、入社式の様子などが映しだされたりしておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

新生活いかがですか?来週には多くの学校も始まり、いよいよ新年度が本格スタートという感じですね。

春のうららかな陽射しにあたり、春眠暁を覚えず。

なんだかシャキッとしないことありませんか?

そうです、そろそろ心機一転、モードを切り替えていかないといけないんです。

その契機として身の回りの何かをガラッと一新してみませんか?

よし。男性の皆様まずは下着から新調しましょう。

というわけで今回ご紹介致しますのは、今大人気の柄付きボクサーパンツ。

Oシリーズ ボクサージョックプリント〔MUN6804〕

mun6804-all

今までもアンダーアーマーのボクサーパンツを履いたらやめられないというお声を頂いておりました。

物自体は素晴らしかったんです。ただ、単色のものしかなかった・・・・

そんな中、2014春夏から出たのがこちらの商品。

とてもキレイな柄物!!

all2

とても薄く、シルクの様な肌触りで伸縮性も抜群。

多くのお客様から蒸れないし、履きやすいというお声も頂いております。

更に柄も多く、貴方好みの1枚を見つけることができる!!

機能的な良さは後述するとして、是非皆様にカラーの1枚1枚を確認していただきたい。

小さい画像ではわからない良さがわかりますよ。

これからどんどん画像を掲載します。

1枚目 表面
2枚目 裏面
3枚目 ベルト部詳細

さぁ参りましょう!!

まずは定番の【BLK】

blk1

blk3

blk2

【EMK】

emk3

emk2

emk1

【NPU】

npu3

npu2

npu1

【SPB】

spb2

spb1

spb1

【GPH】

gph3

gph2

gph1

【XRY】

xry3

xry2

xry1

【RGH】

rgh2

rgh1

rgh1

【MNT】

mnt3

mnt2

mnt1

如何でしたでしょうか。

どれもキレイなカラーだと思います。

ただ、XRYとGPHが若干実物より暗めに写ってしまったのが残念です。

もう少し私にカメラの技術があれば・・・

かくいう私もNPU、SPB、XRY、GPHと4枚買ってしまいました。

正直2枚位買おうと思っていたのですが、柄を選びきれずに4枚買うことに。

恐らく私と同じような方が多いのか、多くのお客様が複数カラーをご購入されています。

さて、先程はお客様のお声として蒸れない、履きやすいといったお声をご紹介いたしましたが、ここからは私が買って使用した感想をお伝えさせていただきます。

まず肌触りですが、先程も申しましたとおりとても心地よく、肌当たりのない履き心地で、触り心地はシルクの様な素材感になっております。

中々伝わり辛いと思いますが、裏地(肌に触れる部分)の写真をとりましたのでご確認下さい。

ura

shousai

他メーカーさんのボクサーパンツだとどこかに布地があたっている感覚があるのですが、アンダーアーマーは全く履いていないかのような感覚に襲われます。

それくらい肌当たりが少なく、ストレスがない。

まだまだ肌寒い時が多いので、「蒸れない」という感覚は体験しておりません。

以前のOシリーズのボクサーパンツも持っているのですが、比較するとOシリーズ ボクサージョックプリント〔MUN6804〕の方がツルツルで薄い感じがします。

これらは私の感想なので参考程度にとどめておいて下さい。

1点ちょっと気になる感覚が・・・・

とにかくつるつると肌触りのいい感じなのですが、表面(ズボンに当たる部分)がツルツルのため、ズボンが下がってくる(笑)

ベルトシメろよ!!というお声は承知しております。

でもそれくらいツルツルなんです。

アンダーアーマーの歴史はインナーから始まりました。

今でもインナー業界のトップランナーであると証明するこの1枚。

皆様是非お試し下さい!!

all1

ちなみにボクサーパンツは様々な種類が出ております。

一覧お見せします!!

アンダーアーマーの優位性溢れるオリジナルシリーズ、

Oシリーズからは、

Oシリーズ ボクサージョック [MUN7267]

mun7267-all

Oシリーズ ショートボクサージョック [MUN7266]

mun7266-all

Oシリーズ ロングボクサージョック [MUN7268]

mun7268-all

Oシリーズ ボクサージョックVERBIAGE [MUN7264]

mun7264-all

Oシリーズ ボクサージョックプリント [MUN6804]

mun6804-all

通気性を重視したMシリーズからは以下の2品番

Mシリーズ ボクサージョック〔MUN6807〕

mun6807-all

Mシリーズ ロングボクサージョック〔MUN6806〕

mun6806-all

こうして色々なタイプのボクサーパンツが出ておりますので是非お好みの1枚をお探し下さい!!

女性の方にはこちら!!

UA ボーイショーツ [WUN7047]

wun7047-all

今回もお読み下さり誠にありがとうございました。

いい下着を身に付ければ気持ちもシャキッと!!

新生活をアンダーアーマーとともに頑張りましょう!!

それではまた次回まで。

ごきげんよう。

 

cv

 

 

ブログランキング参加してます!

ポチッと押していただけると、やる気が出ていい記事が書けます!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 


ご無沙汰しております。

お会いしていなかった時期にとてつもない量の新商品が入荷してまいりまして、なかなかブログで皆様とお会いすることが出来なかったことを心よりお詫び申し上げます、

しかし現在では仕入れ処理等も無事完了し、こうして皆様にお会いできる運びとなりました。

さて、もう既に3月販売開始の新商品に多くのご注文を頂いておりますが、今回私がご紹介したい商品は、

「アーマーベント」

やっぱりねと思われた皆様も、ん?と思われた皆様もぜひご覧ください。

まずその特徴を端的にご紹介いたします。

「布に穴があいている」

こちらになります。

DSC_0907

こちらはUAアーマーベントHGフィッティドLSモック〔MFT6715〕



という商品の背面部分なのですが確かに穴があいています

全体像で見るとコチラ。

DSC_0920

今までメッシュというと糸を織り込んでいき、その隙間部分をメッシュと呼ぶことが多かったように思います。

しかしながらアーマーベントはしっかりとした布地に直接穴があいています。

ここの、布に穴があいているという部分だけ切り取るとボロボロになってしまった洋服をイメージしがちですが、こちらは通気性を向上させるために穴をあけた。

吸汗速乾性はそのままに通気性の向上を達成しました。

正直、最初は私も疑っていました。

すぐ切れてしまうのではない。

汗がだらだらと垂れてきてしまうのではないか。

だってこんなに透けるんですよ。

DSC_0922

と。

愚かでした。

何度か着てみた後、何も変化のない穴に対抗心を燃やし、無意味にビンビン引っ張ってみるという愚行に出ました(笑)

結果は…何も変わりませんでした。

どうやら耐久性は抜群のようです(汗)

しかしビンビン引っ張ってみるという愚行のお陰で分かったこともあります。

それは、穴のあいた部分に関しては伸縮性があまりないということ。

縦方向には多少伸びるのですが横方向に関しては殆ど伸びません。

よく考えて見れば横方向に伸びてしまうと穴が際限なく広がってしまい穴だらけのシャツを着ている・・・・と思われてしまいますよね。

ですのでアーマーベントの商品に関しては通常のフィッティドやコンプレッションより若干伸縮性能が落ちるため、普段着られているフィッティドやコンプレッションがピッタリとか少しキュッと締め付けるー、
という方は1サイズ大きめを購入されるのも一つの方法かなと思います。

こちらのアーマーベントがついた商品は多く出ておりますがいわゆる「穴があいている」部分については商品によって異なります。

今回ご紹介したUAアーマーベントHGフィッティドLSモック〔MFT6715〕に関しては背中全面と脇下部分が全て「穴があいている」部分となっております。

対してUAアーマーベントヒートギアフィッティドSS〔MFT6718〕に関しましては背中の真ん中の部分が「穴があいている」部分となっております。

このように商品特性によって「穴があいている」部分が異なってきますので必ずどこに穴があいているのかを確認して頂くことを推奨しております。

このUAアーマーベントヒートギアフィッティドSS〔MFT6718〕に関して皆様にお詫びがございます。

現在多くのショップで公開している画像と実物の色に違いがあることがわかりました。

対象カラーはHJNとPDHになります。

まずHJNに関しましては現在掲載している画像が

MFT6718_HJN_F

ですが実際は身頃部分ももっと濃い紺となります。脇下の色とほぼ変わりません。

6718hjn-1

DSC_0930


DSC_0931


次にPDHは脇下、背面中心部分が画像では紫なのですが、実際は黒になります。

MFT6718_PDH_F

6718prd

DSC_0924

DSC_0927

現在メーカーにも確認中となります。

ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

2014年最注目のアーマーベント、如何だったでしょうか?

是非一度アーマーベントでどんな商品が出ているかをコチラからご覧ください!!

少しでも皆様の興味の扉を開けましたら幸いです。

また来週も最新商品の情報をお伝えできればと思っております。

それではまた次回まで。

ごきげんよう。

 

cv

 

 

ブログランキング参加してます!

ポチッと押していただけると、やる気が出ていい記事が書けます!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 


皆様、【進化】と言ったら何を想像するでしょうか?

進化論から始まり、色々なものが持ち運べる「ポータブル化」が進化であったり、はたまた近い未来に来る「ウェアラブル化」が進化であったりと皆様の想像する進化は様々だと思います。

2014年 春 アンダーアーマーのシューズも進化いたしました。

以前から人気を博しております、「スパイン」が進化いたしました。

脊柱をイメージした未来的なソールは安定性とクッショニングを両立し、当店でもランナーの方から普段履きとして使われる方まで幅広くご好評を頂いておりました。

そこで今回は、

UAスパインEVOJ〔1247731〕 と 前期のUAスパイン バイスJ〔1244751〕 を比較してみました。

DSC_0145

まず気になる商品名ですが、UAスパインEVOJの

EVOは『Evolution(進化)』を意味し、従来のスパインに比べ安定した走りを実現させる機能を搭載。

JはJAPANの『J』で日本人の足にあった2Eを採用していることを意味する。

とあります。

つまるところ、安定感アップと日本人向けの2Eラストであるということが言えます。

まずどこが大きく変わったかといいますと特徴的なあのソールのデザインです。

以下、写真でご覧ください。

まずこちらの比較写真。

DSC_0152

右側のEVOJのほうが切れ込みが流線型になり薄くなっている感じがします。

拡大してみましょう。

DSC_0154

確かに切れ込みが流線型になり、更に白と青のソールの分量が少なくなっているのがわかります。

これは個人的な使用感なのですが、今までのスパインを履いていた時に(私は街履きとして使用しております。)ちょっとの段差にソールの溝の部分が嵌ってしまい、躓きそうになるケースが稀にありました。

例えば階段の先端に付いている滑り止めの部分など。

何度か危ないかな?と思った時は有りました。

この部分においてもバイスに比べて角張感の少なくなったEVOJは改善されているのではないかと思います。

続いてシューズの裏側、接地面を御覧ください。

DSC_0158

特徴としてはまず右側のEVOJでは中心部にも切れ込みが入りました。

左側のバイスでは中心に背骨のように一本通っている感じですがEVOJでは涙の粒のような形の切れ込みが加わっています。

更にいうと左側のバイスに比べてEVOJはインソールの裏側が見えている部分が分散されたような形になっています。

バイスでは両側にどん!どん!っと黄色く見えている部分があるのに対しEVOJでは中心部のほか、左右の切れ込みにも流線的な動きが出てきています。

更に見えにくいかもしれませんがEVOJの黒い部分には縦に筋が入り、滑り止めの効果も期待できるでしょう。

対するバイスはこのように比較的フラットな形状になっています。

DSC_0160

こういった部分がEVOJにおいてスパインが進化したとされる証になっているのではないかと思います。

では軽量性はどうなのか。

これまで見た中で、ソールが薄くなっているという実感を得ましたので片足のシューズの重さを測ってみました。

シューズのサイズは27.5cmで比較を行っております。

環境によってばらつきが出る可能性はありますのでご参考までに捉えて下さい。

バイスは・・・・・・

DSC_0151

272グラム

EVOJは・・・・・・

DSC_0148

254グラム

片足で18グラム軽量になりました。

恐らく本格的なレーシングシューズとしてが主用途ではなく、トレーニング時に使われるシューズとして考えられているでしょうから、もしかしたらこの20g弱の差があなたをもう一歩先までトレーニングをさせてくれるかもしれませんね。

アッパーにも変更点が見られます。

DSC_0162

全体的にメッシュ仕様なのは変わらずといったところですが、その内側はバイスの通気穴的なフォルムとは違い、蜂の巣のようなハニカム構造(正六角形または 正六角柱を隙間なく並べた構造)となりました。

これも荷重のかかる爪先部分に耐久性をもたせた結果だと思われます。

以上、如何でしたでしょうか。

アンダーアーマーシューズの特徴の一つである「スパイン」の進化を少しだけでも感じて頂けたでしょうか。

アンダーアーマーのシューズの進化するスピードはかなり早いと思います。

正直毎年驚くような改善がなされ、新機能も続々と誕生しております。

今年改善されたのがスパインならば、新機能は「スピードフォーム」ですね。

こちらもご存じの方はいらっしゃるかもしれませんがとにかくカカトのフィット感が素晴らしい。

固定観念を打ち破るシューズとなっております。

スピードフォームは今月末から販売開始予定!!

ぜひそれまではスパインEVOJの実力を御覧ください。

どちらも素晴らしいシューズには間違いありません!!

甲高幅広の方には、先週ご紹介した、

UAマイクロGパルスTR WIDE〔1245817〕 も是非お試し下さい。

こちらもご好評を頂いておりまして、毎日ご注文を頂いております。

やはり、アンダーアーマーのシューズは良さそうなんだけど甲高・幅広の私には合わなそう・・・という方が多かったのではないでしょうか。

かく言う私も足の長さだけでしたら27cmで余裕なのですがUAのシューズは30cmを履いています。(場合によっては29cmもOKでした)

様々な方の用途や要望に応えてくれるアンダーアーマーのシューズ。

これからも要チェックしておいて下さい!!

今回もお読み下さい誠にありがとうございました。

明日、東京マラソンを走られる方々、どうか楽しんで走って下さい。

皆様の楽しみを増幅してくれるアイテムの一つにアンダーアーマーが成れるよう祈っております。

それではまた次回まで。

ごきげんよう。

 

cv

 

 

ブログランキング参加してます!

ポチッと押していただけると、やる気が出ていい記事が書けます!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 


ショップはこちら!

アンダーアーマー専門店

スポーツCV

楽天支店
RAKUTEN

Yahoo支店
TAG index

プロフィール

株式会社 スポーツシーブイ

〒273-0103
千葉県鎌ヶ谷市丸山1-5-1
代表番号:047-445-1350
通販専用窓口:050-3459-4414

黄色い3階建てのビルと巨大なアンダーアーマーの看板が目印です



ブログランキング参加しています!
ポチッと押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ


最近のコメント

    2022年1月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31